資格取得制度

QUALIFICATION資格取得制度

知識・技術を日々磨いていくことは、プロフェッショナルであり続けるために必要不可欠です。

アスカでは、各資格の取得に際して「奨励金制度」を設けています。
この制度では受験料を会社が負担するほか、資格取得時に一時金として奨励金を支給するものです。
具体的な対象資格は、以下一覧をご確認ください。

取得した資格は、アスカでの仕事に限らず今後の自身のキャリアにおいて大いに活かされることでしょう。
資格取得の学習を通じて学び得た知識は、もちろん実務でも発揮されていきます。
その結果、社員あるいは会社に対するお客さまからの満足度も高まり、評価へと繋がっていきます。

日々の業務と並行して学習することは、容易ではありません。
だからこそ、少しでも社員ひとりひとりが負担なくスキルアップを目指せるよう、
アスカは奨励金制度を通じて応援しています。

対象資格のご紹介

シスコ技術者認定

シスコ技術者認定プログラムには、エントリー、アソシエイト、プロフェッショナル、エキスパート、そして本プログラムにおける最高水準の認定 アーキテクトの5つのレベルがあります。

・エントリー
ネットワーク テクノロジーのキャリア構築を目指す方には格好のスタート地点となります。

・アソシエイト
ネットワーキング認定資格の基礎レベルとして位置づけられています。

・プロフェッショナル
シスコ技術者認定の中級レベルとなるのがプロフェッショナル レベルです。業務に必要な専門知識に応じて、認定トラックが設けられています。

・エキスパート
業界において上級のネットワーク認定として、世界各国で認められています。

・アーキテクト
シスコ技術者認定における最高水準の認定です。グローバル組織における複雑化するネットワークをサポートする能力や、ビジネス戦略をより効果的かつ革新的なテクノロジー戦略につなげる能力を認定します。

EXIN認定 ITIL Foundation

ITサービス マネジメントの資格であり、その目的は、ITIL®の用語、骨子、基礎概念の知識を獲得すること、サービスマネジメントのために、ITIL実践のコアな原則を理解していることが求められます。

Linux技術者認定 LPIC

LPICは、NPO法人/Linux技術者認定機関「LPI(本部:カナダ)」が実施している世界共通・世界最大・最高品質のLinux技術者認定制度です。

Oracle Database技術者認定 Oracel Master

Oracle Database認定資格取得のプロセスを通して、データベースの重要な特徴、機能およびタスクについて学び、知識を深めると同時にスキルを磨いていきます。実習、学習および演習を通じて、複雑で実践的なアクティビティを実行する方法を習得することができます。

また、実際的なシナリオ・ベースの質問を取り入れた認定試験によって、パフォーマンスおよび思考能力を検証することができます。

PMP(Project Management Professional)

PMP® とは、PMI 本部が認定しているプロジェクトマネジメントに関する国際資格です。PMP® 試験は、PMI が策定した知識体系である PMBOK® (Project Management Body of Knowledge) ガイド に基づいて実施され、受験者のプロジェクトマネジメントに関する経験、教育、知識を測り、プロフェッショナルとしての確認を目的として実施されます。プロジェクトマネジメントに関する資格のデファクト・スタンダードとして広く認知されており、プロジェクトマネジメント・スキルの評価基準として、IT・建設をはじめとする多くの業界から注目されています。

Oracle JAVA技術者認定 Oracle Certified Java Programmer

Javaによるオブジェクト指向プログラミングの技法とファイルI/OをはじめとするコアAPIを使用したJavaアプリケーションの作成 方法に習熟していることを証明します。

UMLモデリング技能認定UMTP

モデリング技術は、ソフトウェア開発における上流工程のため、あるいは要求仕様とソフトウェア実装仕様の間を繋ぐために必須の技術であり、モデリング技能認定は、レベルに応じたモデリング技術者に必要とされるスキルおよび知識体系を明らかにし、それに基づいた客観的で公正な判定が行われます。

XML技術者認定 XMLマスター

XMLマスターはXML及びXML関連技術についての技術力を測る技術者認定制度です。XMLマスターを取得することにより、個人の技術力の強化を図れるとともに、お客様の満足度を向上させることができます。また、ITエンジニアとしての雇用、昇進、キャリアプランニングに対しても確実な指標となります。

ドットコムマスター

ドットコムマスターはICTスキルを客観的に証明する資格です。

・クラウド活用、スマートフォンやタブレット端末、Facebookやtwitterなどのソーシャルメディアなど、最新のICT技術やサービスを常に反映。実践的で実用的な知識を習得できます。

・インターネットに関する技術、PCやサーバーとの関連、セキュリティ、応用ビジネス、法規などを幅広くカバーしています。

・特定のメーカーやシステムに特化しないベンダーフリーの検定なので、偏りのない幅広い知識が身につきます。

情報処理技術者試験

情報処理技術者試験は、「情報処理の促進に関する法律」に基づき経済産業省が、情報処理技術者としての「知識・技能」が一定以上の水準であることを認定している国家試験です。

情報システムを構築・運用する「技術者」から情報システムを利用する「エンドユーザ(利用者)」まで、ITに関係するすべての人に活用いただける試験として実施しています。特定の製品やソフトウェアに関する試験ではなく、情報技術の背景として知るべき原理や基礎となる知識・技能について、幅広く総合的に評価しています。

資格取得制度のご利用方法

アスカの現社員も資格取得に向けて勉強中です

アスカの現社員も資格取得に向けて勉強中です

制度の利用には事前の申請が必要です。まずは取得を目指す資格を決めて、上司にご相談ください。現在、年間数名の方が本制度を利用して資格を取得しています。申請が承認されたら、資格取得に向けて計画を立て、勉強を進めていきましょう。

マイナンバー金庫 セキュリティ診断

マイナンバー金庫・セキュリティ診断はこちら

ママが働きやすい企業

アスカが「ママが働きやすい企業」に選ばれました

新卒採用はこちら