スタッフインタビュー 第2ソリューション事業部 部長代理 小池 真貴子

MAKIKO KOIKEスタッフインタビュー
第2ソリューション事業部 部長代理 小池 真貴子

2004年に入社した第2ソリューション事業部 部長代理の小池 真貴子さんに、
入社のきっかけやこれまでの歩み、ビジョンなどをインタビューしました。

生命保険会社システムの保守・運用をしています

生命保険会社の営業職員が端末上で入力するシステムの保守・運用を、10人前後のチームで行っています。

生命保険会社の営業職員が端末上で入力するシステムの
保守・運用を、10人前後のチームで行っています。

保守・運用とはいえ、実際はシステムの開発・改修を最短で3か月、長期ならば1年以上かけて進めます。

その中でチームリーダーである私の役割は、お客さまと要件調整した結果をメンバーに展開したり、メンバーの作成したプログラム内容をチェックしたりという仕事。最近は、改修したシステムの品質が妥当かどうかの品質評価にも携わっています。

PCをまともに触った事がなかったため、プログラミングは苦手

IT業界を志望した理由は、これまでの自分と無縁の世界だったからです。

IT業界を志望した理由は、
これまでの自分と無縁の世界だったからです。

しかし、これからの社会ではパソコンスキルが必須。それならば、いっそパソコンを存分に使える業界を目指そうと考えました。その中でもアスカを選んだのは、面接官と気楽に話せたことで、上下関係が堅苦しくない会社だと感じたからです。

入社後も、やはりプログラミングはあまり得意ではありません。しかし、それ以外に自分が得意なこと探し、強みを作りながら仕事に取り組んできました。

社会は人と話せてなんぼです

学生時代は自分の意見を主張することを極力避けていたのですが、このスタンスでは仕事で前に進めないと痛感し、よく人と話すようになりました。

学生時代は自分の意見を主張することを極力避けていたのですが、
このスタンスでは仕事で前に進めないと痛感し、よく人と話すようになりました。

これまで自分の思い込みで誤りが起き、手戻りが発生したことも少なくありません。そのため、自分の意見だけで推し進めるのではなく、誰が何を期待しているのかを知るため、人と話すことを避けないように努めています。いくら技術力があっても、人と話せなければ他人から好意的に理解されることはないと考えているんです。

結果も過程も大事ですが

成長に向けた意志のある方が好きです。

成長に向けた意志のある方が好きです。

それはどんなに些細なことでも構いませんし、すぐに結果を出す必要もないと思います。できる・できないに関係なく、やりたいことを自分の意志で見つけられる方と一緒に仕事をしていきたいです。そして私自身も、できれば他の方から同様に思われるような人間でいたいと思っています。

マイナンバー金庫 セキュリティ診断

マイナンバー金庫・セキュリティ診断はこちら

ママが働きやすい企業

アスカが「ママが働きやすい企業」に選ばれました

新卒採用はこちら