スタッフインタビュー 主任 遠藤 寛之

HIROYUKI ENDOスタッフインタビュー 主任 遠藤 寛之

2009年に入社した主任の遠藤 寛之さんに、
入社のきっかけやこれまでの歩み、ビジョンなどをインタビューしました。

JAVAを用いた金融系システム開発

大手銀行勘定系システムの次期システム開発を行っています。

大手銀行勘定系システムの次期システム開発を行っています。

主にグローバル口座を取り扱う、業務外のバッチ処理の設計や製造を担当。使用している言語はJAVAです。現在はテストで挙がった障害を取り除いたり、システムテストを行ったりしています。

挑戦できる環境に魅力を感じた

大学では情報工学を学んでおり、在学中からIT業界に興味を持っていました。

大学では情報工学を学んでおり、
在学中からIT業界に興味を持っていました。

そんな中、就職活動の際にたまたま合同説明会で立ち寄ったのがアスカでした。そこで詳しく話を聞き、ソフトウェア開発だけに留まらず幅広く色々なことに挑戦できる点に魅力を感じ、入社を決意したんです。

仕事を通じて培われた責任感

入社して、特に責任感が増したと感じます。

入社して、特に責任感が増したと感じます。

社会人になるまでは、「自分ができなくても、誰かが代わりにちゃんとやってくれるだろう」という考えがあったんです。しかし社会人になると、割り振られた仕事は最後まで遂行しなければいけません。また、仕事をしていると自分が言ったこと、行ったことがそのまま反映されてしまいます。そのため、自然と責任感が増していったのだと思います。

将来はリーダーとして活躍していきたい

現在はプログラミング開発がメインの仕事ですが、今後は設計を中心として仕事に取り組んでいきたいと考えています。

現在はプログラミング開発がメインの仕事ですが、
今後は設計を中心として仕事に取り組んでいきたいと考えています。

そして、ゆくゆくはサブリーダーやリーダーとして、作業を管理できる立場になりたいですね。

マイナンバー金庫 セキュリティ診断

マイナンバー金庫・セキュリティ診断はこちら

ママが働きやすい企業

アスカが「ママが働きやすい企業」に選ばれました

新卒採用はこちら